Y-GSA Yokohama Graduate School of Architecture

組織のしくみ

横浜国立大学 / 都市イノベーション学府 / Y-GSA

組織図1

横浜国立大学では、都市をテーマとする新しい大学院「都市イノベーション学府」を平成23年度4月に設置しました。建築が所属する学部として工学部でもなく芸術学部でもない、都市を学領域とする日本で初めての新しい大学院です。Y-GSAは、この大学院において、建築都市文化専攻の「建築都市デザインコース」として設けられています。

この都市イノベーション学府開設の背景には、21世紀の人類が取り組まなくてはならない大きな課題として「都市」があるからです。2050年までに世界の人口の3分の2にあたる60億人以上が、都市あるいは街に住むと予測されています。先進諸国では全体の人口が縮減するなかで、都市人口の集中という現象が見られます。成熟した社会において持続可能な未来都市を構想することは、超高齢化や少子化に伴う社会問題、地球温暖化に代表される環境問題などの諸問題に回答を求めることです。一方で、開発途上国では、経済成長や産業構造の変化に伴う急激な都市人口の増加によって、社会基盤や生活基盤の不足、環境破壊などの深刻な問題が発生しています。これらの地域では巨大都市の出現に対応する未来都市設計が要請されています。

YCC外観
ヨコハマ創造都市センター(YCC)

このような背景のもと、都市イノベーション学府では、建築・都市基盤という都市のハードウエアに関わる分野と、都市のマネージメントや文化などのソフトウエアに関わる分野とが協同し、現代都市が抱える課題をテーマとして教育・研究し、高度専門家の育成を実践していきます。

平成24年度には、横浜国立大学都市イノベーション研究院、横浜市立大学、横浜市、横浜芸術文化振興財団が連携し、都市文化創成と都市デザインをテーマに研究を行う「ヨコハマ創造都市スクール」が発足しました。その拠点である「ヨコハマ創造都市センター(YCC)」において、Y-GSAを含む本学の様々な研究教育活動(シンポジウム・展覧会・公開講座など)が行われていきます。

都市イノベーション学府

博士課程 - 前期 建築都市文化専攻 建築都市文化コース
建築都市デザインコースY-GSA
横浜都市文化コースY-GSC
都市地域社会専攻 都市地域社会コース
国際基盤学コースIGSI
博士課程 - 後期 都市イノベーション専攻  

都市イノベーション学府ウェブサイト : http://www.urban.ynu.ac.jp/index.html
ヨコハマ創造都市センター(YCC)ウェブサイト : http://www.yaf.or.jp/ycc/index.php

建築学教室とY-GSAの連携

横浜国立大学の建築学教室では、建築理論(AT)、都市環境(UE)、構造工学(SE)というソフトウエアからハードウエアまでをカバーする3つの分野が緩やかに連繋し、それらの研究分野の内容が建築設計(AD)という社会とのインタフェース技術によって実体化されるという構成をもっています。
Y-GSAは建築設計(AD)分野が大学院に設ける、建築家を養成する特別なプログラムです。
Y-GSAでは建築理論(AT)、都市環境(UE)、構造工学(SE)の3つの分野から広範なサポート受けることにより、実践的なプロジェクトを実行することが可能となっています。

組織概要図1

AT (Architectural Theory) ー 建築理論

建築理論分野は、建築という概念を支える理論を時間空間系の中で研究する。

大野 敏
日本建築史および建築技術史、伝統的民家の保存修復に関わる調査研究および設計
大原 一興
高齢化社会における居住環境、医療福祉建築論。環境行動研究。博物館・エコミュジアムなどの計画研究
藤岡 泰寛
持続可能な集住環境・コミュニティに関わる計画研究。建築・都市づくりへの子どもの参画方法に関する研究と実践

UE (Urban Environment) ー 都市環境

都市環境分野は、人間という存在を取り巻く物的環境や社会的環境を対象として研究する。

高見沢 実
都市計画制度、組織、プランなどのシステム構築と運用、まちづくり、住環境・市街地整備
野原 卓
アーバンデザイン、都市計画、空間計画、地域環境デザイン
深井 一夫
床接触温を考慮した床暖房の快適条件、低温やけど回避、屋上緑化による夏季温熱環境の改善
佐土原 聡
GIS(地球情報システム)を活用した人口減少時代の安全で環境と調和した都市の将来像研究
吉田 聡
省エネ・省CO2型建築・地域・都市づくり手法と支援システムの開発
田中 稲子
建物の省エネルギー化と環境行動の関係、住環境教育プログラムの開発、建築・都市の将来像研究

SE (Structural Engineering) ー 構造工学

構造工学分野は、都市の安全・安心、機能維持そしてより良い建築空間の実現に必要な研究・提案を行っている。

河端 昌也
二重膜構造、空間構造による構造システムの設計と解析
田川 泰久
鋼構造、鋼・コンクリート合成構造
松本 由香
鋼部材の破壊条件、構造設計手法の提案
田才 晃
鉄筋コンクリート造建物の崩壊限界、新しい補強技術
楠 浩一
鉄筋コンクリート構造、ヘルスモニタリング技術開発
江口 亨
既存建築ストックの活用など建物の長期利用のための方法論の研究

設立の背景

文明開化の地であり産業地区である横浜で育った横浜国立大学は、 自由で実践的・国際的な学風を誇っています。 中でも建築学関係の教育においては、前身である戦前の横浜高等工業学校時代に中村順平(文化功労者)の指導により, 当時としてはわが国有数の建築スクールを形成しており、 建築芸術教育を重視してたくさんの優れた建築家を育成し、 他校の建築学教育とは一味相異した特長をもっていました。
現在もその伝統を受け継ぎ、横浜国立大学建築学教室での教育研究は、 第一に設計デザイン重視、第二に先進的試み、第三に、開かれた教育研究内容の保持、 第四に教員や卒業生の国際的活躍で評価されています。

2001年には、横浜大桟橋の国際コンペで最優秀となった建築家アレハンドロ・ザエラ=ポロを招き 6ヶ月間にわたる横浜都市研究のスタジオ教育を行い、 その後も設計教育スタッフによって実践的なスタジオ教育を試行してきました。 そして2007年、さらに実践的で革新的な建築学教育を実現するために 「横浜国立大学大学院/建築都市スクール」“Y-GSA”(Yokohama Graduate School of Architecture)を 開校しました。 この“Y-GSA”はこれまでの実績の延長上に、 本学建築学教室が建築家育成の先導的プログラムとして世に問うものです。