Y-GSA Yokohama Graduate School of Architecture

入学・修了

入学試験

試験日程、出願書類

試験日程、出願書類についてなど、詳しい情報は毎年5月初旬に配布される募集要項に掲載されます。 募集要項は横浜国立大学都市イノベーション学府のホームページで閲覧できます。入学には4月入学と10月入学がありますが、10月入学は空き定員がある場合に募集します。 入試に関する詳細は、Y-GSAのホームページでも随時お知らせいたします。

学力検査内容(総得点600点)

学科試験(200点)
学科試験は以下の12の専門分野から4分野を選択する筆記試験です。
1)建築史・建築芸術
2)建築計画
3)都市計画
4)都市環境管理計画
5)建築環境工学
6)建築材料構法
7)建築構造力学
8)建築構造計画
9)視覚メディア論
10)聴覚メディア論
11)テクストメディア論
12)身体メディア論
私費外国人留学生特別入試志願者は、上記に代えて英語の小論文を選択することができます。

即日設計(200点)
即日設計では提出課題に対して5時間で建築的構想をまとめる能力を考査します。 フリーハンドで建築的アイデアを表現する課題です。 面接試験でその内容をプレゼンテーションします。

ポートフォリオおよび面接(100点)
ポートフォリオは自作であることを証明できる建築作品2点以上とポートフォリオ・サマリーで構成したものとします。 面接試験で内容を諮問することがあります。

英語(100点)
TOEFL、TOEICまたはIELTSのスコア証明書を提出して頂きます。

資格・修了要件

Y-GSAは入学定員18名の2年制プログラムの大学院修士課程です。必要単位を修得することで修士の学位を得ます。スタジオは必修で、半期ごとのスタジオで単位認定(各6単位)を受けます。異なる教員の4つのスタジオをすべて合格し、その他の関連科目や共通科目の受講単位との合計で40単位以上修得することがY-GSAが定める修了要件です。同時にふたつのスタジオを履修することはできません。スタジオひとつが不合格になると、半年間修了が延びます。4つのスタジオのうちひとつは、インターンシップによっても単位認定されます。修了に際して、修士論文および修士設計は課しませんが、ポートフォリオ審査を受けます。4つのスタジオの成果を通底するテーマについて書かれた小論文をもとに構成されたポートフォリオを提出、発表することが要求されます。

尚、上記のY-GSAの修了要件は、一級建築士試験の受験資格に必要な2年間の実務経験認定に係る修得単位数を満たしています。